看護師の仕事と給与

派遣看護師 → 派遣看護師の単発業務の特徴

派遣看護師の単発業務の特徴

看護師の資格を持っている人は、正社員やパートで働く他に、派遣で働くこともできます。 看護師の派遣というのはあまり聞いたことがないかもしれませんが、実際に派遣会社に登録して仕事をしている人もいるのです。
オペ室看護師の求人でチェックしたい項目

仕事内容や派遣先は様々ですが、事情があって長期的に契約することができない場合は単発の仕事を受けることもできます。 単発の仕事なら他の日は用事を入れることもできますし、育児などで忙しい人も両立させて働くことができます。

派遣会社に登録しておいて、単発の依頼があった時に仕事を引き受けて、当日その仕事先に向かえば良いわけです。 看護師の仕事ですと、一日働いて一万円ほどの収入になることもあります。

もちろん依頼があった日が都合が悪ければ引き受けないこともできます。 また仕事内容があまり引き受けたくない内容だった場合も断ることができます。 あまり断り続けると、そのうち仕事の依頼が来なくなってしまうかもしれませんが。

ただし、一度仕事を引き受けておいて、当日になってキャンセルするのはルール違反ですから気を付けましょう。 体調を崩しやすい人や、小さいお子さんがいて病気になった時に面倒を見てくれる人がいない場合は、単発の仕事を引き受けるのはリスキーかもしれません。

単発の仕事として多いのは、検診に関する業務です。 大学や職場などで平日に行われるものもありますし、週末に行われる検診もあります。 大勢の人が健康診断を受けるので、血圧を測ったり採血したりといった作業を一日通して行うこともあります。

その一日は同じ作業が続いてすごく疲れるかもしれませんが、腕を使う作業が多くて腱鞘炎になりそう、という声も聞かれることがあります。 でもその仕事が毎日続くわけではありませんし、日給が一万円になるなら良いと思う人もいるでしょう。

検診に関する業務なら、勤務時間は9時~17時くらいにおさまるので、長時間の勤務が難しいという人でも引き受けられるでしょう。


看護師の給与に含まれる様々な手当て

看護師の仕事をしていると、基本給の他に各種手当てが付くのが普通です。 仕事をするにあたって看護師・准看護師の資格を持っている場合は資格手当がつきます。

また夜勤を行えば夜勤手当も付きますから、通常の日勤よりも多い給与をもらうことができます。 休日に出勤する場合はもちろん休日手当が支給されますし、残業をした場合は残業手当も出ます。

夜間や休日は多くのスタッフが休息をとるために勤務からは外れます。 その時に働くスタッフには、当然ながら特別な手当がつくわけです。 看護師の仕事は入院設備のある病院勤務であれば、夜間であっても休日であっても働くことが要求されますから、こうした手当てを厚くして働き手を確保しているのです。

夜勤手当がどれくらいもらえるかは病院によって異なります。 高額なところですと、一回で3万円ほどになる病院もあります。 もちろんもっと安いところもたくさんあります。

ただ、夜勤手当が高い場合は一人で担当しなければならなかったり、患者さんの数が多いとか作業が大変など、仕事がハードなことがあります。 夜勤を含む勤務につく場合は体調管理も大変ですから、きちんと休養をとるようにしなければなりません。

また専門分野の勉強をして認定看護師になった場合、通常の給与にその分の手当が上乗せされます。 さらに精神科など、他の病棟よりもリスクが高いと判断される場合は危険手当のようなものが付くことがあります。

子育て中の方が看護師の仕事に就いている場合は、保育手当が支給される病院もあります。 病院の場合は保育施設が併設されていることも多いので、他の職業よりも子育てをしながら働くお母さんにとっては恵まれていると言えるでしょう。

このように看護師にはさまざまな手当てがつきます。 就職や転職をする際に給与がどれくらいもらえるかは、これらの手当ての有無によって総支給額が結構変わってきますから、事前によく確認しておいた方が良いでしょう。